Shouldのフレーズを活用してスピーキングの上達

shouldとは「〜をしたほうが良い」など相手にオススメする時に使われる単語ですが、今回はshouldを活用したフレーズについてご紹介いたしますので、ぜひ参考にして英会話を楽しみましょう。

「should」は「するべき」や「したほうが良い」という意味であり、「should be」は「〜なはず」や「あったはず」という意味で使われます。

例えば、「You should take the yellow train」は「黄色の電車に乗った方が良い」という意味であり、疑問文として使う場合には「Should I buy this」で「これは買うべきかな」という意味になりますよ。

否定文として使うことができ、「You shouldn’t do that」は、「やらない方が良い」という風に訳すことができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る