RとLの基本的な発音方法を理解しよう

英語で相手とコミュニケーションをするためには、適切な発音で伝えることが大切ですから、今回はRとLの発音の方法についてご紹介いたします。

日本人にとってRとLの発音の違いはとても紛らわしいものであり、難しいと感じている方も多いかもしれませんが、特徴を知っておくことで使い分けて発音することができますから、ぜひ覚えてみましょう。

Rの場合には、口を「あー」と開けた状態で、「あーる」と言いながら舌をクルッと裏へ巻いてみて、舌の側面が奥歯の裏側に当たるような状態が正解ですから、舌を巻いた状態からRが含まれる単語を発音してみましょう。

Lの場合には、舌の先を前歯と歯茎の境目にくっつけるだけですから、まず「える」と言いながら練習してみましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る