I’mの使い方を覚えてスピーキング向上!

自己紹介を行う時に使うフレーズ「I’m」は、もう一つの使い方がありますのでご紹介いたします。

日本語の場合には誰と何をといった内容が先に来る為、「息子と昼ご飯を食べています」という文章構成になりますが、英文では「I’m eating lunch with my son」と表す後付けの構成になっているのです。

英文は、まず最も伝えたい主の内容で始まり、次に5W1Hが入り、そして接続詞で繋げてから補足する内容が付け加えられるという構成になっていますよ。

何を「What」以外の言葉は順番はあまり気にしなくても良いので、この流れを意識して英文を組み立てると、スムーズに英文を表すことができますから、ぜひ英文を書いたり読んだりする際の参考にしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る