海外ドラマでよく見るフレーズをマスターしよう!

英会話では短いフレーズも相槌などで使うことがありますので、ぜひ身につけておきましょう。

この上ないくらい最高に良い、今以上に良くならないと伝えたいなら「Couldn’t be better」と伝えましょう。

「I hate your guts」は相手のことが大嫌いだという意味であり、全否定のフレーズを使っていますし、「Don’t be silly」はバカを言うななどの表現で使うことができますよ。

相手を褒めたい時や応援したい時には「Way to go」というフレーズを使い、よくやった・その調子だと伝えましょう。

「Get over it」は立ち直ってほしい時や乗り越えてほしい時などに励ましたい場面で使えるフレーズですから、日常的な場面でも使えそうですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る