もっと具体的にスピーキング力を向上させるフレーズとは

英語をもっと具体的に話せるようになりたいなら、接続詞を有効的に活用できるようになることが大切ですから、今回は「But」を使ったフレーズについてご紹介いたします。

日本語と英語では文法が異なっていますので、英語の場合には先に何をするのか伝えて、その後に5W1Hを付け足していくのです。

具体的な英文を話したいなら、まず主な内容を言って、その後に時間や頻度、場所や理由などを付け足していきますが、さらに接続詞を活用して内容を入れることができますよ。

例えば、もう行かなければならないけど、財布が見つからないという文章を作りたい場合には「I have to go now、but I can‘t find my wallet」という文章で表すことができるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る